ダンスバトルのDJマジ大変!ダンサーでありDJの僕が解説。 | NANNDEYA-BLOG

ダンスバトルのDJマジ大変!ダンサーでありDJの僕が解説。

DJ

ダンスバトルのDJってマジ大変なんです!

僕はブレイクダンス歴16年、DJ歴8年になります。

ダンスバトルに出て踊る方も、
DJとして曲をかける方も経験した僕が、

ダンサーでも意外と知らない、
ダンスバトルのDJについて書きたいと思います。

ダンスバトルのDJってマジ大変なんです!
大変なポイントはいろいろあります。

シュプリームに続くNY発のストリートブランド3つ紹介!
シュプリームといえば、ニューヨーク発の超人気ストリートブランドですが。ストリートブランド最先端のニューヨークには、シュプリーム以外にも、イケてるブランドがまだまだたくさんあります。日本ではまだあまり入ってきてなくて、知名度も低いですが、ポ...

時間が長い。

まずは時間ですね。

僕はクラブのDJもしているのですが、
クラブのプレイって日本ではだいたい
1日に何人かDJが交代でプレイするので、
長くても1時間程度。


それに比べて、ダンスバトルのイベントって、
DJは1人でやる事が多いんですよね!
DJ多くても2人。

しかもイベントがだいたい長い。
6時間とか1人でDJする事もあるんです。
エントリー数によって変わってきます。

って事は休憩がないんですよね。
トイレにもなかなかいけないんですよね。。
これ辛いですよ。

行くとしたら、バトルの1回戦と2回戦の間のDJタイムに
長めの曲をかけてパッとトイレに走る感じです!笑

1日に何曲かけてるんだろーって思いますね。笑

選曲で、全神経を集中!!

選曲は本当に難しいですねー。
特にフリースタイルのバトル
(ダンスジャンルが混合のバトル)

もちろんダンスジャンルによって
踊りやすい曲、踊りにくい曲は違うので、
バトルするダンサーのどちらにも踊りやすい曲を
かけなければいけません。
これってかなり難しいんです。。

どのダンスジャンルでも踊れる曲ってあるんですが、
それだけかけるのもおもしろくないし。


イベントによっては、
バトルが始まる前にトーナメント表を渡されて、
そこに1つ目のバトルはブレイクvsロック、
2つ目はポップvsヒップホップとか
書いてくれてる場合もあります。

その場合はまだわかりやすいですが、
書いてくれてなくて、情報が何もない時もあります。

そういう時は、もう服装とか髪型とか雰囲気で
判断するしかないんですね。笑
服装がダボっとしてるしヒップホップかな?、
プーマのスエード履いてるしブレイクかな?
とか。笑
その場で直感で判断します。


しかも大変なのが、
バトルとバトルの間の時間って結構短くて、
曲を選ぶ時間が短いんですよね。
ジャッジがどちらが勝ったか手を挙げて判定したら、
もうすぐに次のバトルが始まる。

この短時間で曲を選ぶのって
かなり集中力がいります。
いかにパソコンの中のプレイリストを
わかりやすく整理して、
すぐ曲を選べるようしておくかですね。

気が抜けない。。
しかもエントリー数が多くて時間が押してたりすると、
MCがせかしてどんどんバトルが始まりますしね。。

【これだけは見とけ!】ブレイクダンス関連映画紹介!NETFLIX、Amazon Prime、DVD
・ブレイクダンスがテーマの映画を見たい!・ダンスの映画を見てモチベーションを上げたい!・かっこいいダンスシーンが見たい!そんな人に読んで欲しい記事です。ブレイクダンスがテーマの絶対に見て欲しい!! おすすめ映画を紹介し...

ちょっと前はさらに大変。。

今の時代はだいたいPCを使ってDJするので、
プレイリストを細かく分けて、
そこから瞬時に曲を選んで曲を一瞬でロードできますけど、

ちょっと前の、レコードやCDでプレイしていた時は、
レコードやCDを入れ替えるのも、急がないといけないし、
PCみたいに曲名で検索できないので、
どこに曲があるか把握しとかないといけないですもんね。。

先輩方は本当凄いです。

しかも、
ブレイクダンスのバトルは2枚使いがメインになってくるので、
レコードが2枚いるし、お金もかかるし、
レコード持っていく量も2倍になるし。。

悲しいDJディス。。

ダンスバトルのDJをしていて、
間違った選曲をしてしまうと。。
クラブみたいにブーイングはあまり起きませんが、、
後でTwitterとかSNSに書かれたりすることもあります。笑

僕も経験したことあるし、
ダンサー目線で考えるとわかりますが、、
練習に練習を重ねて、気合の入ったバトルの本番で、
いざかかった曲が、え、ノレないよ、、、
ってなると萎えるし、ダンスバトルなので
勝敗にかかわってきますよね。


でもあまり選曲に文句を言い過ぎると、
曲のせいで負けただけだー。
って言い訳してるようにしか聞こえなくなるので
注意です。。笑



その点、長年やってて有名なDJの方は、
やっぱりダンサーの心をつかんでるし、
聞いてる方もアガるし、本当リスペクトです。

コロナ自粛中にDJを始めよう!!最高の趣味でした。
コロナ禍はいつまで続くのでしょう。。かなり長い間続いていますよね。。収まる気配も全くありません。自由に外に遊びに出かけられないし、ストレスが溜まってる人も多いと思います。ステイホームで自宅でできる遊びって限られてますよね。ゲームや、ネット...


コメント

タイトルとURLをコピーしました