ブレイクダンス教室?独学?どっちが上手くなる?スクールの注意点! | NANNDEYA-BLOG

ブレイクダンス教室?独学?どっちが上手くなる?スクールの注意点!

ブレイクダンス

「ブレイクダンスは、、
スクールに通うのと独学でやるのどっちが上手くなるのか?」



僕の周りや、経験からして
ブレイクダンスはレッスンに通ってる人が少ないですね。

さらに、上手い人はレッスンに行ったことがない。
って人が多いです。(僕の経験上)


ストリート、駅、サークル、部活など、人が集まる場所で
練習できる環境があれば上手い人に教えてもらったりして、
上手くなっていくイメージが強いです。

人のを見て影響されながら、自分でやりたいことを
やっていくって感じですかね?
時に先輩に教えてもらいながら。


初心者で身近に一緒に練習する人がいなかったり、
教えてくれるような人がいなくて、1人でどうしようもなければ、
1からレッスンで教えてもらうのが一番だと思います。


が!!

レッスンで教えてもらうのはたくさんのメリットがありますが、
気をつけないといけないことがあります。

それは、受け身になりすぎないこと!
これはとても大事なことです。


ある程度基礎を教えてもらうのはいいのですが、

レッスンだけになってしまうと、
ブレイクダンスの良い部分であり、最高に楽しい部分である、
オリジナリティーがつくられなくなるんですね。。
自分だけの踊りのスタイル、みたいなものですね。


教えてもらっている先生、
そのまんまのスタイルになってしまいます。


もちろんレッスンに通いながらいい部分を吸収しつつ、
自分のスタイルにうまく取り入れているひともいます。

初心者の人にはわかりにくい話かもしれませんが、。



レッスンに通って教えてもらったこと以外に、

普段からユーチューブなどで動画を見て、
「このb-boy、b-girlかっこいい!」とか
「この技やりたい!」
とか思ったものをマネしてみることが大事だと思います。


いろいろ見て自分なりにやってみることで、
自分の得意なこと、やりたいことがわかってくると思います。



ブレイクダンスってどうしても1つ1つの技の習得に
時間がかかるので反復練習が多くなってきますが。

自分で試行錯誤してやりまくっていると、
少しずつ感覚つかんできたりします。

できた時の感動は大きいし、できることが増えていくことで
どんどん楽しくなってきます。

ぜひいろいろやってみてください。

【初心者】ブレイクダンスに必要なもの3つ!まずはこれを用意しよう!!
オリンピック種目に選ばれて、話題のブレイクダンス ですが。最近始めた人や、これから始めようと思っている人も多いと思います。そこで、ブレイクダンス初心者がまず、ダンスを始める前に必要なアイテムを紹介します。怪我防止や、上達に役立つものなので...

コメント

タイトルとURLをコピーしました