ブレイクダンスの逆立ちはちょっと違う!練習方法とコツ! | NANNDEYA-BLOG

ブレイクダンスの逆立ちはちょっと違う!練習方法とコツ!

ブレイクダンス

・ブレイクダンスの逆立ちは普通の逆立ちとちがうの?
・初心者で逆立ちに挫折しそう。。
・コツ、練習方法を知りたい。

こんな人に読んでほしい記事です。


ブレイクダンスの逆立ち。

ブレイクダンスの逆立ちは普通の逆立ちと少し違います。


それは足の形を卍(まんじ)の形にするということ。

⬇︎こんな形です。

膝を90度に曲げるイメージで。


これは、基本の形になります。

いろんな技に繋げやすかったり、バランスを取りやすいというのが理由です。

逆立ちの練習方法。

逆立ちで大事なのは、手、肩、腰が一直線になっているかということです。

⬇︎横から見たら手、肩、腰がまっすぐ!



⬇︎多くの人がなりがちなのがこの形。

顔を出しすぎて、背中がそってしまう、、、。(肩が入っていない。)

こうなるとバランスも取れないし、他の技もやりにくくなります。。

クセになってしまうと、なかなか治らないので注意です!

あとあと困ります。。



これはとても重要なので、

横から動画をとったりしてしっかり確認してください。

この形を覚えるまでは壁を使って練習することをお勧めします。

⬇︎まっすぐを意識!


この形を覚えて理解できたら壁なしでやっていきましょう!


最初はマットや、地面が柔らかい場所でできたら理想です。

まずは向こうに倒れる恐怖心をなくすことが大事です。

どのくらいの勢いでいったらいいのか、

何度も何度も練習して感覚を掴みましょう。

練習していくうちに力加減がわかってきます。

動画を撮ってみて、いつもどっちに倒れやすいか、

手、肩、腰はまっすぐになっているかを確認しながらやってみてください。

回数をこなせばすぐにできるようになってきます。

逆立ちのコツ。

しっかり手で地面を掴むイメージで、向こう側に倒れそうになったら、

思いっきり踏ん張ってください。

こちら側に倒れそうになったら、

腕を曲げて頭を前に出すイメージで、

体重を移動してバランスをとってください。

⬇︎こんな形です。

この写真は頭を出しすぎですが、少し頭を出すだけで

重心をずらせるので、バランスがとれやすくなります。

ブレイクダンスの靴選びをスタイルごとに紹介!!パワームーバー?スタイラー?オールラウンダー?
・ブレイクダンス初心者で、どんな靴を履いたらいいかわからない。・自分のダンススタイルに合った靴を履きたい。・踊りやすくてかっこいい靴を知りたい。そんな方におすすめの記事です。「ブレイクダンスの靴選び...

 

【初心者】ブレイクダンスに必要なもの3つ!まずはこれを用意しよう!!
オリンピック種目に選ばれて、話題のブレイクダンス ですが。最近始めた人や、これから始めようと思っている人も多いと思います。そこで、ブレイクダンス初心者がまず、ダンスを始める前に必要なアイテムを紹介します。怪我防止や、上達に役立つものなので...

コメント

タイトルとURLをコピーしました