ステッピンは意外と簡単で!誰でもできる!しかも一番楽しい! | NANNDEYA-BLOG

ステッピンは意外と簡単で!誰でもできる!しかも一番楽しい!

ブレイクダンス

ブレイクダンスの技、ステッピンに挑戦したことはありますか?

倒立した状態で片手で跳ねる技です。
ワンハンドラビット、ハンドホップとも言われます。

意外と簡単で楽しいステッピン!

ステッピンは技の中でもパワームーブと違い、
曲のビートに合わせて跳ねて、
踊るようにできる技です。

他の技にはない楽しさがあります。


やったことない人は「難しそう。。」
と思われがちなステッピンですが、
そんなことは全然ないです。


突き詰めていくと奥が深いのがステッピンなんですが、
動きが複雑なパワームーブと比べて、
回転が無い分、動きも理解しやすく、
習得も簡単です。


僕もパワームーブなどの技はたくさんやってきましたが、
ある程度までできるようになるくらいなら
ステッピンは全然難しくないように思います。

他の難しい技と違って、
ステッピンは練習すれば誰でもできる。
そんな技です。


あと、ステッピンは筋力で跳ねているわけではないので、
そこまで筋肉は必要ないです。

必要な筋肉はやっていくうちにすぐついてきます。

ステッピンができるまでの段階。

ステッピンができるようになるまでの
段階とコツを簡単に言うと。


1、倒立。
     最初に地面についた手の場所を変えずに
     体でバランスを取って、
     30秒〜1分くらいはできるようになる。


2、両手で跳ねる。
     一回跳ねて倒立に戻る。
     それができたら連続で跳ねれるように。
     足の曲げ伸ばしの反動をしっかり使う。


3、片手で跳ねる。
     両手と同じことを片手でバランスを取ってやる。


コツとしては、
「跳ねてフリーズ」の繰り返しのようなイメージです。
最初からたくさん回数を飛ぼうとせずに、
一回一回綺麗な形で跳ねることを意識する。

動画を撮ってみて、重心の傾きや、
足と手の跳ねるタイミングの連動を確認する。

【初心者】ブレイクダンスに必要なもの3つ!まずはこれを用意しよう!!
オリンピック種目に選ばれて、話題のブレイクダンス ですが。最近始めた人や、これから始めようと思っている人も多いと思います。そこで、ブレイクダンス初心者がまず、ダンスを始める前に必要なアイテムを紹介します。怪我防止や、上達に役立つものなので...

手首の怪我に注意!

ブレイクダンスの怪我に多いのは手首の怪我ですが、
ステッピンは特に手首を痛めやすいです。


怪我をしないための練習方法方は
1日に長時間練習しないことです。

1日に長い時間みっちり練習するより、
毎日少しずつ欠かさず練習する方が
手首も痛めにくいです。


手首を痛めてしまうと治るまで練習できないし、
技の習得も遅くなります。。

無理せずに体に違和感があるときは
練習を控えるのがおすすめです。

ブレイクダンスの靴選びをスタイルごとに紹介!!パワームーバー?スタイラー?オールラウンダー?
・ブレイクダンス初心者で、どんな靴を履いたらいいかわからない。・自分のダンススタイルに合った靴を履きたい。・踊りやすくてかっこいい靴を知りたい。そんな方におすすめの記事です。「ブレイクダンスの靴選び...

コメント

タイトルとURLをコピーしました