ブレイクダンスの練習はどこでしたらいいのか?練習場所2つとメリット、デメリット! | NANNDEYA-BLOG

ブレイクダンスの練習はどこでしたらいいのか?練習場所2つとメリット、デメリット!

ブレイクダンス

ブレイクダンスを始めたい人や、始めたばかりの初心者の人は、練習場所をどこでしたらいいのか?

困ることがあると思います。


練習場所は大きく分けて2つです。

そして場所によってのメリットデメリットがあります。



まずはストリート。

駅、公園、閉店後のショッピングモールのちょっとしたスペースなど、基本的に外ですね。


ストリートのメリットで一番大きいのは、他のダンサーとの出会いがあることです。

刺激をもらったり、教えあったり、情報を交換したり、

仲間ができてモチベーションが上がることは間違い無いです。

これは人が集まる場所に限りますが。。


しかし、ダンサーだけでなく通行人が声をかけてくれたり、応援してくれたり、

いろんな出会いがあるのもストリートのいいところです。


そしてタダでできること。これはとてもありがたいですね。



デメリットとしては、

床がよくなかったり(汚ない、ザラザラ、タイルの隙間に指が引っかかったり危ない)

酔っ払いや変質者にからまれたり、、。

音があまり出せない。

外だと暑かったり寒かったり。


もう1つの練習場所は、スタジオ、コミセン、公民館などの施設。

メリットは、床もいい、音も大音量でかけれる、鏡で自分の動きをチェックできる。

誰にも邪魔される心配がなく思いっきり練習できます。


デメリットとしては、

お金がかかる。

公民館やコミセンは安いところも多いですが、スタジオはちょっと高めにはなります。

安くても練習するたびにお金がかかるのは、ストリートと比べて残念なところです。



練習場所はとても大事です。

紹介したどちらの練習場所も違った良さがあるので、バランスよく使い分けることをおすすめします。

是非参考にしてみてください。

【初心者】ブレイクダンスに必要なもの3つ!まずはこれを用意しよう!!
オリンピック種目に選ばれて、話題のブレイクダンス ですが。最近始めた人や、これから始めようと思っている人も多いと思います。そこで、ブレイクダンス初心者がまず、ダンスを始める前に必要なアイテムを紹介します。怪我防止や、上達に役立つものなので...

コメント

タイトルとURLをコピーしました